建売住宅と注文住宅の違い

特徴を掴んでから選択しよう

希望に一致している住宅にしたい

デザインの決め方を把握しよう

注文住宅は、デザイン自分たちで決められるという部分がメリットです。
家族の生活スタイルに合わせて、必要な設備を整えてください。
家電をたくさん使う住宅だったら、コンセントを多めに備えておくのが良い方法です。
せっかく家電を買っても、コンセントが足りなくて使用できなくなったらもったいないです。

デザインを考える際は、将来のことも考えてください。
今は家族の人数が少なくても、将来は両親が一緒に住むことになったり、子供が増えたりする可能性があります。
その時に、部屋が窮屈だと感じないよう設計しましょう。
将来リフォームするという方法もありますが、余計な費用が発生します。
先のことを考えて、注文住宅を作った方がいいです。

バリアフリー機能を搭載できる

家族内に高齢者がいる場合は、住宅にバリアフリー機能が必要です。
しかし建売住宅を見ても、バリアフリー機能が備わっている住宅は少ないので、選択肢が限られてしまうかもしれません。
注文住宅なら自分でバリアフリー機能を搭載できるので、暮らしやすい住宅になると思います。
足腰が弱っている人なら、廊下に手すりをつけるのがおすすめです。

中には、車イスを使って移動している人も見られます。
普通の廊下では狭く、車イスで行動しにくいかもしれません。
老化を通常より、広く設計してください。
事前に車イスのサイズを計測して、楽に通れる幅の廊下を作ることもできます。
廊下の幅まで、細かく自分たちで設定できる面が注文住宅のメリットです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る